GoogleがAndroidアプリの認可基準を厳格化…“野放し時代”を終わらせる

Googleがアプリの審査厳しくなる模様。

今日から適用で、NGアプリは30日の執行猶予のあと、改善されなければリジェクトされるとのこと。

広告: Googleの糊口の糧がデベロッパポリシーにも登場。モバイル広告も含めて広告は広告である、そして、広告の振る舞いがアプリの振る舞いとは別に、より緩い制約を持つことはない。駄目なアプリも駄目な広告も共に駄目。言い換えると、アプリに関する全ポリシーが広告にも適用され、広告もGoogle Playからの排除の理由になりうる。

Googleは、最近のモバイル広告が非常に高度で巧妙であることを承知している。そこで、広告は、“ショートカットやブックマークやアイコンなどを無断でインストールするなどによりユーザのデバイスの機能を変えたり、デフォルトの設定を無断で変えてはならない”、とGoogleは明記した。システムからの通知や警告のふりをする広告も、ノーだ。ユーザの個人情報を提出させる広告、アプリへのアクセスを誘引する広告も、いけません。さらに、“ほかのアプリケーションの広告を妨害する広告”もだめです。

引用元: GoogleがAndroidアプリの認可基準を厳格化…“野放し時代”を終わらせる.


GoogleがAndroidアプリの認可基準を厳格化…“野放し時代”を終わらせる」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。