Yahoo! の属性情報広告の考え方

Yahooでは、年齢・性別・位置情報などは、「プライバシー情報だけど、個人情報ではない。特性情報」という見解か。なるほど。

プライバシー情報のうち「履歴情報および特性情報」とは、上記に定める「個人情報」以外のものをいい、ご利用いただいたサービスやご購入いただいた商品、ご覧になったページや広告の履歴、お客様が検索された検索キーワード、ご利用時間帯、ご利用の方法、ご利用環境、郵便番号や性別、職業、年齢、お客様のIPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などを指します。

 

広告利用に関しては、レポーティングと、配信に使うと。で、「提携先」というものに、第三者配信とかも含まれると理解する。

 

履歴情報および特性情報の利用目的

当社は履歴情報および特性情報を大きく分けて以下の目的で利用します。

(4)当社や当社から広告を配信している提携先サイトの利用者数や当社や提携先サイトへの誘導数を調査する場合

(5)当社や提携先が最適なコンテンツ、広告、各種サービスのご案内などをお客様に配信したり提供したりする場合

 

引用元: Yahoo! JAPAN – サービス利用規約.


Yahoo! の属性情報広告の考え方」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。