[読了]それでも町は廻っている 10巻

頭のいい天然キャラというと、ありふれた感じがするけど、嵐山歩鳥の頭の良さは抜群。でもそれ以上にぶっ飛び方も抜群で、振れ幅がありふれていない感じ。

この漫画のジャンルはなんだろう。ギャグでもないしミステリーでもない。

混沌としていながら、作画もストーリー個性も緻密で伏線も張り巡らされているので、とにかく引きこまれてしまう。不思議な漫画です。

これも読みたい↓。


[読了]それでも町は廻っている 10巻」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。