[読了]用心棒日月抄シリーズ

藤沢周平の殺陣の格好良さが好きです。
時代小説なのに、アクションとユーモアと謎解きがあるハードボイルドで、かつ爽快。痛快。

新潮には、本作や彫師伊之助シリーズなどエンターテイメントと時代劇の絶妙な作品が多い気がします。

このシリーズは本当は4作あるんだけど、ここにないもう一作は読んでません。
作品の時間軸的に、少し間が空いているので。

おすすめはなんといっても、1作目。
赤穂浪士討ち入りの史実は、江戸庶民の目でみるときっとこんな感じだったのだろうと、しんみりします。


[読了]用心棒日月抄シリーズ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。