ザ・ブルーハーツ – goo 音楽

主観を排してザ・ブルーハーツを語ることは難しい。ブルーハーツは多くの人にとっての青臭い青春そのものであり、あらゆるものの意味を説いた先生であり、夢であり憧れであり……、なかには“彼らはオレの人生そのものだ!”と後ろ向きな意見をこれ見よがしに誇示する輩もいるだろう。彼らの音楽を聴くと、ホロ苦くて切ない「アノ頃」の想い出が走馬灯のように頭のなかを駆け巡る。まだ見ぬ恋人を想像してひとり興奮したこと、システマティックな社会に対して怒り、しかし敗北感を味わったこと、怖いもの知らずで、理想の未来を想い描いたこと……。彼らほど若者の人生に影響を及ぼしたロック・バンドを、少なくとも筆者は知らない。

引用元: ザ・ブルーハーツ – goo 音楽.


ザ・ブルーハーツ – goo 音楽」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。