量子力学を応用した、未来のマーケティングシステム「Scanamind」(スキャナマインド)

量子力学をマーケティングに応用することで、「無意識の可視化/構造化」を可能にした男がいる。その名は鈴木一彦。彼は「こと」の本質を暴くにあたり、量子力学がもつ「非局所性」が適していることを発見し、「仮説

from Pocket http://ift.tt/16n8YPi
via IFTTT


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。